Number on NumberBACK NUMBER

“世界一”速い16歳。
~100m10秒19、桐生祥秀の将来性~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2012/11/14 06:01

“世界一”速い16歳。~100m10秒19、桐生祥秀の将来性~<Number Web> photograph by Kyodo News

10月5日の岐阜国体、10秒21のユース年代世界最高記録を表示する掲示板の前でポーズをとる桐生祥秀。その1カ月後、「エコパ・トラック・ゲームス」では、自身が持つ世界最高記録を更新する10秒19を出し、陸上関係者の度肝を抜いた。

 岐阜国体の陸上競技、少年男子Aの100m決勝で、高校2年の桐生祥秀(洛南高)が、10秒21のジュニア日本新記録を出して優勝した。これは10月5日のことだったが、それほど大きく報道されなかった。

 さらにその1カ月後、11月3日に静岡県のエコパ・スタジアムで行われた「エコパ・トラック・ゲームス」で、今度は10秒19を出した。この秋だけで、2度のジュニア日本記録更新である。日本の陸上界に旋風を巻き起こしている。それでも、テレビや新聞ではあまり大きく扱われていない。

 これはジュニア日本記録という点を強調すると、それほど重要なニュースには思えないかも知れない。だが、年齢別の世界ランキングの中で彼の記録を見ていくと、実に注目すべきものだと分かるのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2262文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桐生祥秀
山縣亮太
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ