SCORE CARDBACK NUMBER

「2年目のジンクス」は、
本物のFWへの通過儀礼。
~大前、柿谷らに問われる真価~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/11/17 06:00

「2年目のジンクス」は、本物のFWへの通過儀礼。~大前、柿谷らに問われる真価~<Number Web> photograph by AFLO

怪我で前半戦を欠場した2008年以外、常に得点ランク上位の前田。日本代表でもスタメンを張る。

 J1で現在、ふたりの点取り屋が注目を集めている。大前元紀(清水)と、柿谷曜一朗(C大阪)だ。

 両選手はともに今季、自身初の二桁ゴールに到達。31節終了時点で、大前は12ゴール、柿谷は11ゴールを記録している。大前は昨季すでに8ゴールを挙げ、その予兆を示してはいたが、柿谷は過去J1ではノーゴール。それが今季、初ゴールを挙げたばかりか、その数を二桁まで乗せる大躍進を見せている。

 と、ここまで書いて、ふと思い出した。実は昨年も、当欄で同じようなことを書いた。J1で自身初の二桁ゴールを記録したハーフナー・マイク(当時、甲府)、田中順也(柏)、小林悠(川崎)らが、得点王争いに加わり、新鮮な印象を与えている、というものだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 590文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

大前元紀
柿谷曜一朗
清水エスパルス
セレッソ大阪
佐藤寿人
サンフレッチェ広島
前田遼一
ジュビロ磐田

Jリーグの前後のコラム

ページトップ