MLB東奔西走BACK NUMBER

ジンクス通りに敗れ去ったタイガース。
ワールドシリーズの隠れた法則とは? 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/11/02 10:31

ジンクス通りに敗れ去ったタイガース。ワールドシリーズの隠れた法則とは?<Number Web> photograph by Getty Images

ワールドシリーズまでは圧倒的な戦力で勝ち上がってきたタイガースのジム・リーランド監督。1997年に創設まもないフロリダ・マーリンズの監督としてワールドシリーズを制覇した名監督も、2006年に続き、今シーズンもタイガースを世界一に導くことはかなわなかった。

ワールドシリーズで2度も辛酸をなめた名将たち。

 リーランド監督は2度辛酸をなめた。同じく、アスレチックスが'88、'90年のワールドシリーズに出場した時の監督はトニー・ラルーサ。彼はこの2回とも敗れている。両監督ともワールドシリーズを制覇した経験を持つ名監督であるにもかかわらず、短期間での立て直しは難しかったわけだ。

 同じ短期決戦でもサッカーのワールドカップの場合、予選ラウンドがある分優勝を狙うチームの監督はチーム状態をうまく調整し、選手を交代しながら戦うことができる。しかしMLBのプレーオフの場合は一発勝負なので、必然的にすべてのシリーズを全力で戦うしかない。ワールドシリーズを睨んで、リーグ優勝決定シリーズでスイープを回避するような戦い方をするなんて不可能だろう。

 それらすべての要素が混在しているプレーオフ。

 故に一筋縄ではいかないドラマが常に潜んでいるのだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サンフランシスコ・ジャイアンツ
デトロイト・タイガース
チッパー・ジョーンズ
ジャスティン・バーランダー
マックス・シャーザーズ
ティム・リンスカム
ニューヨーク・ヤンキース
プリンス・フィルダー
ミゲル・カブレラ
ジム・リーランド

MLBの前後のコラム

ページトップ