SCORE CARDBACK NUMBER

“代打事件”で全米騒然。
転換期を迎えたAロッド。
~メジャー19年目に味わった屈辱~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2012/10/26 06:00

“代打事件”で全米騒然。転換期を迎えたAロッド。~メジャー19年目に味わった屈辱~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

メジャー最高年俸3000万ドルのAロッド。今季は2割7分2厘、18本、57打点に終わった。

 その瞬間、ヤンキースタジアムがどよめいた。地区シリーズ「ヤンキース対オリオールズ」の第3戦。9回裏、1点差を追い掛けるヤンキースは、3番アレックス・ロドリゲスに代打を送った。そこまで不振続きで地元ファンからもブーイングを浴びせられていたとはいえ、現役最多の通算647本塁打を放ってきた看板選手。一歩間違えれば、今後の戦いだけでなく、チームが崩壊しかねない。ジョー・ジラルディ監督の大胆な采配は、大きなリスクと背中合わせだった。

「難しい決断だった。ただ、勝つためには何をすべきか。自分の思う通りにするべきだと、心が訴えていたんだ」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 655文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ニューヨーク・ヤンキース
アレックス・ロドリゲス

MLBの前後のコラム

ページトップ