スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

ストレート勝負の本格派に変身中!
松坂大輔は魅力的な“悪女”である。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/06/13 08:00

ストレート勝負の本格派に変身中!松坂大輔は魅力的な“悪女”である。<Number Web> photograph by KYODO

日米通算150勝についてイチローが「遅いでしょ」とコメントしたことに対して、「僕もそう思う。自分が思っていたより2年くらい遅いですから」と答えた松坂

気になる三振の減少。フライを打たせるピッチャーに?

 ただし、気になるデータもある。三振の数が減っているのだ。

 シーズン   K/9 
 2007年   8.84 
 2008年   8.27 
 2009年   8.19 
 2010年   6.80 

 9イニングあたりの三振の数(K/9)は、2007年の8.84をピークに、今季は6.8まで減少している。これはコントロールを重視しているためなのか、決め球を欠いているのか、その理由はシーズンがもう少し深まってみないと判然としない。

 その他では相手打者のゴロ比率が低くなり、フライの比率が上がっている。スライダーで引っ掛けさせるという投球ではなく、カッターで芯を外し、フライを打たせる――そうしたタイプに変わりつつあるのかもしれない。

 今季の松坂は本当に魅力的だが、正直、つかみどころがない部分もある。変身中だからもう少し長い目で観察する必要がありそうだ。

 これだけ熱心に松坂の投球を見たのは、横浜高校時代と、2007年のメジャー最初のシーズンくらいだと思う。

 それほど、今年の松坂の投球は見る価値がある。

 出来はいいのか、悪いのか。見てみないと判らないとは、やっぱり松坂は悪女なのかもしれない……。

関連記事

BACK 1 2 3
松坂大輔
ボストン・レッドソックス

MLBの前後の記事

ページトップ