NumberEYESBACK NUMBER

凱旋門賞へ視界良好、
充実のオルフェーヴル。
~周到な準備で日本馬初制覇を~ 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/09/30 08:00

凱旋門賞へ視界良好、充実のオルフェーヴル。~周到な準備で日本馬初制覇を~<Number Web> photograph by KYODO

フォワ賞では名手スミヨンの手綱捌きも冴え、本番に弾みをつけた。

 欧州の競馬関係者なら誰もが目指すレース。それが凱旋門賞だ。

 今年は10月7日に開催されるこのレースは日本のホースマンも、長らく目標としてきた舞台である。'69年にスピードシンボリが出走したのを皮切りに、昨年まで延べ12頭の日本馬が挑戦したが、いまだ勝利した馬はいない。

 その高く厚い壁に今年挑むのが、オルフェーヴル(牡4歳)だ。同馬を管理するのは池江泰寿調教師。父の泰郎氏は、かつてあのディープインパクトを育てた名調教師である。

 オルフェは3歳だった昨年、日本ダービー等を制し、史上7頭目の三冠馬となった。その後も有馬記念と宝塚記念を制覇し、誰もが日本の現役最強馬と認める存在である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1097文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

最強打者の逆襲。~Baseball Climax 2012~
オルフェーヴル
池江泰寿
アヴェンティーノ
デインドリーム
シャレータ
スノーフェアリー

競馬の前後の記事

ページトップ