SCORE CARDBACK NUMBER

ローカル開催縮小が呼んだ、
ファンと地方の大きな失望。
~売り上げ低迷打開策の問題点~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/09/17 08:00

ローカル開催縮小が呼んだ、ファンと地方の大きな失望。~売り上げ低迷打開策の問題点~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

コディーノが勝った札幌2歳S。多くの観衆が例年より1カ月早い夏の終わりを惜しんだ。

 夏のローカル競馬があっという間に終わってしまった。短かったという感覚は決して気のせいではない。馬券売り上げの低迷に歯止めをかける狙いで、今年はいわゆる4大競馬場(東京、中山、京都、阪神)の開催をより重視。ローカル開催を思い切って縮小する政策が断行されたのだ。

 従来16日間ずつ組まれていた函館と札幌の競馬がそれぞれ12日間、14日間にリストラされ、例年なら新潟と小倉が終わったあとも、1カ月の余韻を残して行なわれていた初秋の札幌競馬は幻のように消えた。番組表が発表された時点でそれはわかっていたが、現実にその日が来て、「短過ぎる」「物足りない」と嘆いたファンのなんと多かったことか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 593文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

競馬の前後のコラム

ページトップ