NumberEYESBACK NUMBER

引退表明か現役続行か。
40代選手、初秋の現在地。
~プロ野球・ベテランの存在価値~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2012/09/25 06:00

引退表明か現役続行か。40代選手、初秋の現在地。~プロ野球・ベテランの存在価値~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

小久保は8月14日の引退表明以降も勝負強い打撃でチームを牽引する。

 今季開幕時、40歳代のプロ野球選手は17人いた。それが8月末の時点で、一軍登録されていたのは9人。ソフトバンクの小久保裕紀、広島の石井琢朗、阪神の金本知憲が今季限りの引退を表明。ソフトバンクのカブレラをはじめ数名が戦力外となっている。秋の声とともに、高齢の40代選手たちの首筋も涼しくなってくる。

 この時期の引退表明については、最後まで優勝争いに絡むとテレビ各局では解説者などの来季の構成が決まってしまうため、ユニホームを脱ぐならば早い時期に表明したいという思惑があることも事実だが、小久保とすれば“若手を鼓舞したい”という思いもあったはずだ。事実、引退表明後にソフトバンクは若手が奮起、優勝争いの一角に加わってきた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

小久保裕紀
福岡ソフトバンクホークス
石井琢朗
広島東洋カープ
金本知憲
阪神タイガース

プロ野球の前後のコラム

ページトップ