F1ピットストップBACK NUMBER

最悪のイタリアGPも「パーフェクト」。
アロンソが見せる“3度目”への執念。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/09/16 08:01

最悪のイタリアGPも「パーフェクト」。アロンソが見せる“3度目”への執念。<Number Web> photograph by Getty Images

イタリアGP終了後、表彰台に登ったアロンソは眼下に集うティフォシを自ら撮影。“ご機嫌”の理由は、トラブル続きの週末にあった。

最悪の状況を3位で乗り切り、憧れのセナにまた一歩。

 それでも、イタリアGP開幕時点でドライバーズ選手権で2位と3位にいたレッドブルの2人がともにリタイアしていたため、アロンソにとってこの3位は3点を逃したというより、スタート直後にもらい事故を受けて24点差まで詰められていたベッテルとの差を15点広げる結果となった。

 とはいえ、新たに選手権で2位に浮上してきたルイス・ハミルトンとの差もまだ37点。残り7戦を考えれば、このマージンは決して十分とは言えない。しかし、アロンソにとってイタリアGPは今シーズン最悪の状況ともいえる3日間だった。その週末を3位で乗り切るあたりが、今シーズンのアロンソの強さであり、6年ぶりのタイトル奪還へ向けて、並々ならぬ執念をも感じる。

 3度目のタイトル獲得は、あなたにとってどんな意味を持つのか? と尋ねられたアロンソはこう言った。

「3回という数字は僕にとって、特別な意味を持つんだ。なぜなら、僕にとってのヒーローであるアイルトン(・セナ)のタイトル獲得数と並ぶんだから」

関連記事

BACK 1 2 3
ルイス・ハミルトン
マクラーレン
BMWザウバー
セルジオ・ペレス
フェルナンド・アロンソ
フェラーリ
セバスチャン・ベッテル
レッドブル

F1の前後の記事

ページトップ