ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

ベストメンバーでなぜ負けたのか?
関塚ジャパン、メキシコ戦の誤算。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byKaoru Watanabe/JMPA

posted2012/08/08 11:45

ベストメンバーでなぜ負けたのか?関塚ジャパン、メキシコ戦の誤算。<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe/JMPA

敗戦後、キャプテンの吉田はブログにこう綴っている。「ここまで中2日5試合。体が痛くないやつなんかいません。(中略)このチームのアホなやつらにショボくれた顔は似合わない。勝って終わろう」

このままでは終わらない! 宿敵・韓国との決戦へ。

 後半のスタート時は、1-1だった。どちらに転ぶか分からない展開で、これまでミスが少なかった中盤にミスが出て、リスクマネジメントを欠いたプレーをする選手が出てくれば、当然、勝てる試合も失ってしまうということだ。

「悔いが残る試合でした」

 清武の言葉は、全選手の想いだろう。

 だが、これで終わったわけではない。3位決定戦で、宿敵・韓国とメダルマッチを戦うことになった。

「メキシコに負けたショックは、なかなか癒えないと思うけど、気持ちを切り替えて、なんとかメダルを持ち帰りたい」

 清武は、力強く、そう言った。

 金メダル獲得のチャンスは逸したが、セカンドチャンスがまだある。チームが成長し、今大会に旋風を巻き起した証として、銅メダルは持ち帰らなければならない。

関連記事

BACK 1 2 3
関塚隆
吉田麻也
大津祐樹
永井謙佑
東慶悟
扇原貴宏
清武弘嗣
権田修一
杉本健勇
宇佐美貴史
齋藤学
山口螢
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ