EURO大戦2012BACK NUMBER

歴史の違いがPK戦の命運を分けた!?
スペインがポルトガルを下し決勝へ。 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/06/28 11:15

歴史の違いがPK戦の命運を分けた!?スペインがポルトガルを下し決勝へ。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

PK戦の順番は、スペイン側のシャビ・アロンソ(×)が両チームの一番手。その次はポルトガルのモウチーニョ(×)、イニエスタ(○)、ペペ(○)、ピケ(○)、ナニ(○)、セルヒオ・ラモス(○)、ブルーノ・アウベス(×)、セスク(○)という順番だった(カッコ内はPKの成否)。

右のヘスス・ナバス、左のペドロがファイナルのカギ。

 このチームは「かわす」ことに長けたプレイヤーが多いのが強みだが、そのことによって攻撃が中央に偏ってしまうという欠点もある。

 ポルトガルにとっては、そこが好都合だったと思う。

 最後までゴールを決めることはできなかったが、スペインのデルボスケ監督はサイドを強化することで活路を見出そうとした。

 終盤に投入された右のヘスス・ナバス、左のペドロが果敢に突破を仕掛けたことで、それまでになかった迫力が生まれた。CKが取れるようになり、決定機も生まれるようになった。

 地味なふたりだが、ファイナルのカギを握るのは彼らかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
クリスティアーノ・ロナウド
ビセンテ・デルボスケ
ブルーノ・アウべス
シャビ・アロンソ
イケル・カシージャス
セルヒオ・ラモス
ラウール・メイレレス
ミゲル・ベローゾ
ジョアン・モウチーニョ
ヘスス・ナバス
ペドロ・ロドリゲス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ