EURO大戦2012BACK NUMBER

フランスをバラバラに切り裂いた、
“バルサ”として完成間近のスペイン。 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/06/24 12:05

フランスをバラバラに切り裂いた、“バルサ”として完成間近のスペイン。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

この試合で代表100試合目となるシャビ・アロンソは、2得点してマン・オブ・ザ・マッチにも選ばれている。次戦は、C・ロナウド率いるポルトガルとの対戦になる。

 晩秋のような寒さのポーランドから、真夏を連想させるウクライナへ舞台を移したEURO2012の準々決勝。第3試合のスペイン対フランス戦で最も話題となったのは、スペイン代表を率いるデルボスケの采配だった。

 デルボスケはグループリーグ皮切りのイタリア戦と同じメンバーを起用。さらにはセスクをCFの位置に据え、ゼロトップまで復活させたからだ。イタリア戦の前半でゼロトップには見切りをつけ、以降のアイルランド戦とクロアチア戦ではトーレスがCFを務めるワントップを採用したことを考えれば、これは驚き以外のなにものでもなかった。

 他方、フランスのブラン監督も賭けにでた。システムこそ4-3-「3」で従来と同じだが、「3」の右にSBのドビュッシーを起用し、右サイドにSBを縦に2枚並べたのである。

 ブランはこの選手起用法について「アルバとイニエスタから成るスペインの左サイドの攻撃力を抑え、前半を0-0で終えたかったからだ」と説明している。またブランは、緒戦のイングランド戦で存在感を残せなかったマルダも先発に復帰させた。

アッサリと崩壊した……フランス代表監督ブランの計画。

 しかし賭けに勝ったのはデルボスケだった。

 MFの質はただでさえスペインの方が高い。加えてCFのセスクがボール回しに絡んだためにスペインは中盤を圧倒。デルボスケが記者会見で明かしたように、これこそが狙いだった。相手の意識をピッチ中央に引きつけたところで、ワイドの深い位置にパスを叩くやり方で、スペインはフランスのゴールを脅かし始めた。

 そして前半19分には、早くも先制点を奪う。

 イニエスタが半身のようなドリブルから、オーバーラップしてきたアルバにスルーパスを供給。アルバがクロスを折り返し、ファー側に詰めていたアロンソがヘディングを叩きこんだのだった。

 ブランのゲームプランはこうしてアッサリと崩壊した。

【次ページ】 後半盛り返したフランスが、押し切れなかった理由。

1 2 NEXT
ビセンテ・デルボスケ
ローラン・ブラン
シャビ・アロンソ
ダビド・シルバ
サミル・ナスリ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ