スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

驚異の高卒新人、ハーパーとトラウト。
規格外の才能を伸ばすMLBの育成術。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/06/13 10:30

驚異の高卒新人、ハーパーとトラウト。規格外の才能を伸ばすMLBの育成術。<Number Web> photograph by Getty Images

4月28日のドジャース戦でメジャーデビューを果たしているブライス・ハーパー。打撃好調もさることながら、毎試合“魅せる”プレーの連続で、全米にブームを巻き起こしつつある。

日本とアメリカ、育成の初期でココが違う!

 球団の育成方針が、日本とアメリカでは違うのだと思う。

 ナショナルズの場合でいえば、ハーパーにクリーンナップを打たせるのは時間の問題で、「正しい時期」を探っていた。

 エンジェルスも「俊足長打」(好打ではないよ)のトラウトを引き上げると、1番に定着させた。

 ここに、日本との差がある。

 日本だったら、1シーズンは下位打線で……という発想がまだ根強いように見える。たとえば、中日の平田良介はそうした起用法が目立った。

 しかしアメリカは、いきなりその選手にふさわしい打順を任せる。そこで育てる。

 人間には、ふさわしい器を用意すべきだと私は考える。

関連記事

BACK 1 2 3
ブライス・ハーパー
ワシントン・ナショナルズ
マイク・トラウト
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後の記事

ページトップ