SCORE CARDBACK NUMBER

19歳の大型新人を死球で
歓迎するメジャーの“掟”。
~ブライス・ハーパーへの洗礼~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2012/06/17 08:00

19歳の大型新人を死球で歓迎するメジャーの“掟”。~ブライス・ハーパーへの洗礼~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

ハメルズとの再対決は3打数1安打に終わったハーパー。そのスピードは一見の価値あり。

 互いに、2週間前の“事件”を感じさせることはなかった。5月23日、ナショナルズ戦で7勝目を挙げたフィリーズの左腕コール・ハメルズは、サラリと言った。「これまでと同じ。頭をよぎることなんてまったくなかったね」。一方、ナショナルズの19歳の超大型新人、ブライス・ハーパーも「相手はオールスター選手だから」と冷静に振り返った。2人の言葉だけなら、通常の試合後と変わりはない。だがこの試合は、同地区の球団の対戦という以上に、ハメルズとハーパーの再対決に注目が集まっていた。

 発端は5月6日、2人の初対戦の第1打席だった。ハメルズが、初球に93マイル(約150km)の速球を、計ったかのようにハーパーの背中に当てたのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 599文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

コール・ハメルズ
フィラデルフィア・フィリーズ
ブライス・ハーパー
ワシントン・ナショナルズ

MLBの前後のコラム

ページトップ