スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

ケンプの故障と混戦のMVP争い。
~打撃絶好調なMLBの男たち~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/06/02 08:01

ケンプの故障と混戦のMVP争い。~打撃絶好調なMLBの男たち~<Number Web> photograph by Getty Images

今季は打棒復活、初のMVP獲得の期待も高まるメッツの三拍子揃ったイケメン三塁手、デヴィッド・ライト。

穴馬の“チューチ”と期待の若手がMLBを面白くする。

 が、ナ・リーグには見落とせない穴馬がいる。

 チューチの愛称で知られるフィリーズの捕手カルロス・ルイース(33歳)だ。この3年、着実に打撃を磨いてきた選手だが、今季はとりわけよく当たっている。.371/.422/.615という数字はいずれもリーグ上位だし、盗塁阻止率36パーセント(リーグ平均は29パーセント)も打撃の好調を反映しているのではないか。

 そうだ、ナ・リーグにも期待の若手がいることを忘れないでおこう。

 パイレーツの中堅手アンドルー・マッカッチェン(25歳)が上昇株の代表だ。175センチ/83キロの身体は線が細いが、11年は23本塁打/23盗塁を記録したし、今季も.331/.389/.541と伸び盛りらしい数字を残している。MVP候補に挙げるにはやや弱いが、こういう選手が出てくると野球は面白くなる。眼移りしそうな後半戦を、ゆっくりと楽しもうではないか。

関連記事

BACK 1 2 3
デヴィッド・ライト
ジョシュ・ハミルトン
マット・ケンプ
ポール・コナーコ
アダム・ジョーンズ
オースティン・ジャクソン
カルロス・ベルトラン
アンドレ・イーシア
カルロス・ルイース
アンドルー・マッカッチェン

MLBの前後の記事

ページトップ