Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<再出発の決意を語る> 松井秀喜 「“20年前の気持ち”で挑むメジャーへの道」 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKazuaki Nishiyama(T&t)

posted2012/06/01 06:00

<再出発の決意を語る> 松井秀喜 「“20年前の気持ち”で挑むメジャーへの道」<Number Web> photograph by Kazuaki Nishiyama(T&t)
衝撃のメジャー“再デビュー”を飾った松井秀喜選手ですが、
それまでどんな思いを抱いてトレーニングに励んでいたのでしょうか。
Number804号「最強投手進化論。」では、孤独な自主トレの日々を経て、
タンパベイ・レイズとのマイナー契約に至る松井選手の歩みを特集。
メジャー昇格を夢見る若者たちに交じってバットを振る37歳の心に迫りました。
今回、メジャー10年目のシーズンがようやく幕を開けたのを機に、
特別に記事をウェブ公開いたします。

 フロリダ州のタンパ国際空港からレンタカーを駆って南に約1時間半。メキシコ湾を望む小さな港町、ポート・シャーロットにあるタンパベイ・レイズの施設で、松井秀喜はボールを追いかけていた。

 実戦練習に入る前の5月5日のことだった。 ユニフォームも与えられずに短パンとTシャツ姿。周りにいるのは1Aやルーキーリーグ、もしくはそこにも入れない教育リーグの選手たちで、年齢も二十歳そこそこという若者ばかりだ。その中で、ひと目見て、松井の何が目立ったかと言えば、短パンからのぞくふくらはぎの白さだった。

 その白さが、ニューヨークで孤独なトレーニングを続けてきたこれまでの苦労を、妙に実感的に物語っているようにも思えた。

「アメリカでのオファーを待つって決めていたから。とにかくそれだけ。あとは何もなかったですよ」

 契約が決まらないままに日本を発ったのは、2月22日のことだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3183文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

MLBの前後のコラム

ページトップ