MLB東奔西走BACK NUMBER

松井秀喜のメジャー昇格は時期尚早!?
選手補強を続けるレイズの本音とは。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/05/24 10:30

松井秀喜のメジャー昇格は時期尚早!?選手補強を続けるレイズの本音とは。<Number Web> photograph by AFLO

レイズ傘下となる3Aのダーラム・ブルズの試合でプレーしている松井秀喜。5月17日にはレッドソックス傘下の3Aポータケット戦で、調整中の松坂大輔と対決もしている。

メジャーで結果を残せなかった場合の最悪の結末とは?

 開幕当初のレイズは松井を必要としていなかった。だから、故障者が戻って来れば、松井は居場所がなくなってしまうということになる。

 これが何を意味するかといえば、松井が昇格後にメジャーに残り続けるためには、チームが他の選手を外してでも松井を使いたいと思わせるだけの成績を残さなければならない、ということだ。

 しかも、故障選手たちが戻ってくるまでの短期間に。それは、昇格後すぐに結果を出していかねばならないということになる。

 だが、松井のようにメジャー在籍5年以上の選手は、成績が残せなかったからといって本人の了解無しに、チームの判断だけでマイナーには落とすことができない。選手がマイナー降格を拒否した場合、チームはその選手をそのままメジャーに残留させるか、もしくは解雇するかのどちらか、2つの選択肢しかないのである。

 もし仮に松井が昇格後に昨シーズン前半のような不振が続き、負傷した選手たちが戻ってきたとしたならば、松井の決断次第ではシーズン途中での解雇という最悪のシナリオさえ考えられるわけだ。

松井獲得後のレイズの更なる補強で、極まるメジャー昇格争い。

 日本ではあまり報じられていないが、レイズは松井だけでなく、5月に入って更なる補強を行なっている。

 今シーズンのはじめ、独立リーグでプレーし、メジャーで6年間の実績を持つライアン・ガーコ一塁手兼外野手とマイナー契約を結び、更にはリッチ・トンプソン外野手をフィリーズからトレードで獲得している。

 ここにきての手厚い補強策をみると、レイズの松井への期待度がどの程度のものなのかが窺える。松井のメジャーでの生存競争はかなり熾烈なものだと想像がつく。

 この逆境をはねのけ、再びチームの信頼を勝ち取ってファンを熱狂させられるかは、すべて松井のバットにかかっている。この先にあるのは最高の復活劇なのか、それともその逆になるのか……。

 もうすぐ我々はその目撃者になろうとしている。

関連記事

BACK 1 2 3
松井秀喜
タンパベイ・レイズ
ジョー・マドン

MLBの前後の記事

ページトップ