SCORE CARDBACK NUMBER

松井秀喜だけではない。
メジャーは“DH冬の時代”。
~“ベテランの大砲”が生きる道~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/05/25 06:01

松井秀喜だけではない。メジャーは“DH冬の時代”。~“ベテランの大砲”が生きる道~<Number Web> photograph by Getty Images

38歳の大ベテラン、デイモンは推定年俸125万ドルの1年契約でインディアンス入りした。

 所属先が決まらなかった松井秀喜が5月1日、レイズとマイナー契約を結んだ。

 メジャー18年目のジョニー・デイモンがインディアンスに入団したのはその2週間前。通算449本塁打の強打者ブラディミール・ゲレロがブルージェイズと契約したのは5月10日。今季は実績のあるベテランのFA選手が、キャンプにも参加できず、開幕をグラウンドで迎えられなかった。そのいずれもが過去数年、指名打者(DH)としてプレーしてきたことは、決して偶然ではない。

 1973年、ア・リーグで導入されたDHは、守備に難点があっても、パワフルな打撃力を持つ選手を生かす制度として定着した。'04年からはシーズンでもっとも活躍したDHの選手に対し、かつてマリナーズで活躍したエドガー・マルチネスの名前を付けた賞も設定された。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 554文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

松井秀喜
ジョニー・デーモン
クリーブランド・インディアンス

MLBの前後の記事

ページトップ