Number on NumberBACK NUMBER

4人の五輪代表高校生。
~若きスイマーたちが秘める可能性~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byYusuke Nakanishi/AFLO SPORT

posted2012/05/22 06:00

4人の五輪代表高校生。~若きスイマーたちが秘める可能性~<Number Web> photograph by Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT

男子400m、200mの個人メドレー2種目で五輪代表となった作新学院高3年の萩野公介。ロンドンでは、「決勝でマイケル・フェルプス(米国)やライアン・ロクテ(同)と戦いたい」と強い意気込みを語った。

 ロンドン五輪の選考会を兼ねた日本水泳選手権は、北島康介、松田丈志、寺川綾といった、五輪や世界選手権のメダリストだけでなく、若い力が躍進した大会となった。結果的に、今回の代表チームには高校生が4人加わって、実力のあるベテランだけでなく、若手の成長にも注目したい選手団になった。

 日本の水泳は、2008年北京五輪で5個のメダルと、それ以外に個人種目の決勝進出が延べ12人、2004年アテネ五輪では8個のメダルという成績を収め、米国、豪州に次ぐ、世界の水泳強豪国として、存在感を示してきた。

 しかしこの2大会で、日本の選手団に高校生の代表選手は、1人ずつしか含まれていなかった。いずれも女子の選手で、男子の高校生は1人も行っていない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1896文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

萩野公介
大塚美優
内田美希
渡部香生子
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ