Jリーグ万歳!BACK NUMBER

なぜ昨季王者がここまで苦戦する!?
レイソルから消えた“やってやれ感”。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/05/12 08:01

なぜ昨季王者がここまで苦戦する!?レイソルから消えた“やってやれ感”。<Number Web> photograph by AFLO

連覇どころか、まさかの降格争い圏内にいるレイソル。王者として守りに入るのでなく、リスクを負って自ら仕掛けるスタイルを取り戻すことができるか。

勝っても、負けても大胆な柏の荒々しさが消えた!?

 柏というチームの特徴は、本来、良くも悪くもその荒々しさにある。

 鹿島アントラーズのように堅実でも、ガンバ大阪のように繊細でもない。名古屋グランパスのような地力があるわけでもない。勢いで相手を圧倒する、イケイケのテンションで流れを引き寄せる。そうした一体感がチーム全体に充満していて、いつも潔く、派手に勝って、派手に負ける。だから時には大崩れすることもあるが、ショックを引きずることはない。全員で攻めて、全員で守る。全員で修正する。そんなチームのエネルギーを一つの方向に向かわせたことが、指揮官ネルシーニョの最大の功績であり、名将たるゆえんだ。

 サポーターが歌う酒井宏樹のチャントに「やってやれ」という歌詞があるが、それこそまさに、柏レイソルそのものを表している。ところが今季は、この“やってやれ感”がない。何となくずっと、空気がどんよりと重いのである。

「自分たちをもう一度見直す必要がある」と大谷は言う。

 大敗を喫した先の広島戦、しかし実は、この“やってやれ感”を今季初めて感じる時間帯があった。2-0のビハインドから田中順也のゴールで1点を返し、相手に3点目を許すまでの約25分間、今季から増築されたゴール裏を中心にスタジアムが一体となった。

 大谷が言う。

「3点目が痛かったとはいえ、まだ追い付く時間があった。なのに下を向いてしまって、あれで終わったような雰囲気を出してしまった。試合後のゴール裏でサポーターの皆さんに『勝つまで続けるしかない』と言われましたけど、本当にその通りだと思う。やっぱり、自分たちに甘さがあるんだと思います。これだけ同じミスを繰り返しているんだから、本当にツメが甘い。自分たちがやるべきことが本当にできているのかを、もう一度見直す必要があると思いますね。それがないと、いつまで経っても変わらない」

 もはや言うまでもなく、追い求めるべきは昨季の残像ではない。王者だからこそ抱えうる葛藤と向き合いながら、果たして柏レイソルは本来の姿を取り戻すことができるか。これまで指揮官の先導力を拠りどころにしてきた分、今度は選手自身の修正力が問われている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
柏レイソル
大谷秀和
ネルシーニョ
リカルド・ロボ
レアンドロ・ドミンゲス
酒井宏樹
菅野孝憲
近藤直也
橋本和
那須大亮
北嶋秀朗
田中順也
工藤壮人
藤田優人

Jリーグの前後の記事

ページトップ