NumberEYESBACK NUMBER

序盤戦の主役に躍り出た、
ベガルタ仙台快進撃の理由。
~チームを支える“編成力”とは?~ 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/05/16 06:00

序盤戦の主役に躍り出た、ベガルタ仙台快進撃の理由。~チームを支える“編成力”とは?~<Number Web> photograph by AFLO

就任5年目の手倉森監督は仙台に悲願の初タイトルをもたらせるか。

 20年目のJ1リーグは、序盤から何かと騒がしい。名門や強豪の低迷が相次ぎ、開幕から2カ月で早くも3チームが監督交代へ踏み切った。

 リーグ全体に不透明感が漂うなかで、主役に躍り出ているのがベガルタ仙台だ。開幕から9試合連続負けなしの好スタートを切り、前週末の11節終了時では7勝3分け1敗である。勝ち点24で堂々の首位に立つ。

 躍進は驚きではない。当時J2だった2008年に手倉森誠監督が就任してから、'09年にJ2優勝でJ1昇格、'10年に14位でJ1残留と、右肩上がりに力を蓄えてきた。昨年は4位に食い込んでいる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1253文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ベガルタ仙台
手倉森誠
関口訓充
ウイルソン
太田吉彰
リャン・ヨンギ
パク・チュソン
赤嶺真吾

Jリーグの前後のコラム

ページトップ