MLB東奔西走BACK NUMBER

自ら剛速球を捨てた五十嵐亮太。
メジャー入りならずも揺るがぬ意志。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/03/30 11:30

自ら剛速球を捨てた五十嵐亮太。メジャー入りならずも揺るがぬ意志。<Number Web> photograph by Getty Images

直球を捨て、新たな変化球としてカーブとスライダーを習得した五十嵐亮太投手。3月29日、パイレーツとのメジャー契約が実現せず、再びのマイナー契約、もしくは日本球界復帰も視野に入れたFAとして他球団との交渉に入ることになる。

「メジャーに残りたかったし、悔しいですけど……」

 まさに暗中模索の状態にいる五十嵐だが、それでも自分を成長させたいという強い信念は微塵も揺らぐことはない。

「素直な真っ直ぐを投げても太刀打ちできない。とにかく相手のバットの芯を外してゴロやフライを打たせることです。球速はあるにこしたことはないですけど、今のスタイルなら92マイル(約148キロ)ぐらいで十分ですね(但し、五十嵐は現在も94~96マイルくらいで投げてもいる)。

 もちろん開幕メジャーに残りたかったですし悔しいですけど、僕は今後も野球を続けていくわけですから特に焦る必要はないと思うんですよ」

 目の醒めるような剛速球で面白いように三振を積み重ねていった日本での過去。その栄光への未練など一切なく、すでに自分の中で過去を完全に捨て去っている。そこで、冒頭に紹介した発言へとつながるわけだが、五十嵐は次のように続けている。

「もしメジャーに来ていなかったら自分は変わりたいと思っていても変われなかったと思います。メジャーが自分を変わらなきゃダメだと仕向けてくれたんです。自分にとっていい変化をもたらしてくれたのは間違いないです」

 しかし五十嵐の過去2年間の苦悩と変貌をここで語ったところで、結局は彼自身がマウンドの上で結果を残さない限り誰も納得はしてくれないだろう。五十嵐の2012年シーズンはまだまだ予断を許さない状況だ。

 個人的には……彼の中に芽生え始めている自信と、成長したいという強い意志を信じてみようと思っている。

関連記事

BACK 1 2 3
五十嵐亮太
ピッツバーグ・パイレーツ

MLBの前後の記事

ページトップ