Jリーグ観察記BACK NUMBER

セレッソのピッチを“劇場”に変える、
ソアレス監督のパフォーマンスと情熱。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byMasahiro Ura

posted2012/03/27 10:30

セレッソのピッチを“劇場”に変える、ソアレス監督のパフォーマンスと情熱。<Number Web> photograph by Masahiro Ura

試合中に大きな身振り手振りを交えて、タッチライン際で選手に指示を与えるセレッソ大阪のソアレス監督。現役時代のポジションはミッドフィルダー。Jリーグには1996年、京都パープルサンガ(現・京都サンガ)時代に22試合に出場している。

ジルマールがリストアップした候補者をスカイプで面接。

 セレッソにおいて監督選考を任されているのは、チーム統括部長の梶野智だ。クルピの後任選びにおいて、このJリーグを代表する“名GM”が意識したのは3つのポイントだった。

 梶野はこう説明する。

「レヴィに代わる監督を選ぶにあたって、うちが考えた基準は3つだけ。1つ目は『攻撃サッカーをやる』こと。2つ目は『人間力がある』こと。そして3つ目は『勝者のメンタルを植えつけられる』こと。このテーマをもとに監督を絞り込んでいったんです」

 梶野はセレッソ時代のチームメイトだったジルマール(元ブラジル代表GK、現在は代理人として活躍)を中心に、ブラジルに太いパイプを持っている。すぐに候補をリストアップし、ポルトガル語が堪能な梶野が自らスカイプで面談を行なっていった。

「人間性は話をしたらすぐにわかりますよね。それに加えて、『あなたにとってチーム作りで一番大切な物は何か』といった質問をしました。ソアレス監督はすごく熱かったし、僕たちの基準にすべて当てはまっていた。それで彼を選ぶことにしたんです」

クルピ前監督が蒔いた種に“情熱”を注ぎ込む。

 期待どおり、ソアレス監督は100%以上仕事に打ち込む“真面目”な指揮官だった。さらに前任者とは違う持ち味もあった。

「今までやってきたサッカーは攻撃的な点ではすごく良かったんですが、結構後ろの守備に目をつぶっているところがあった。そこをソアレス監督は細かく修正している。5年間イケイケの監督だったので、その後任としてはすごくいい。うちのチームには若い選手がたくさんいるので、自由にやりながらも規律を身につけるという意味でもはまると考えています」

 セレッソにはU-23日本代表の主力の清武、扇原貴宏、山口螢を筆頭に、22歳のキム・ボギョン、22歳の柿谷曜一朗、21歳の丸橋祐介、19歳の杉本健勇など有望な若手が多い。ソアレス監督ならば、前任者のクルピが蒔いた種にさらに情熱を注ぎ込み、大きく実らせることができるに違いない。

 モウリーニョやクロップに負けないくらいのパフォーマンス力を持つ監督が、セレッソの新しい時代を作ろうとしている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

セレッソ大阪
セルジオ・ソアレス
レヴィー・クルピ
梶野智

Jリーグの前後のコラム

ページトップ