青春GOLF ――石川遼に密着! BACK NUMBER

長友佑都のメニューよりもきつい!?
石川遼が取り組む体幹トレーニング。
 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/02/16 10:30

長友佑都のメニューよりもきつい!?石川遼が取り組む体幹トレーニング。<Number Web> photograph by Getty Images

クロスカントリースキー合宿最終日には、瞬発力のトレーニングを行なった石川。100mダッシュ6本と3kmのタイムトライアルなどをこなし、合宿中「一番きつかった」と語った

 隆々とした選手がそろうセリエAのピッチで弾丸のように駆け上がっていく長友佑都。

 抜けるような青空の下で気持ちよさそうにドライバーを振り抜く石川遼。

 どちらのアスリートの肉体が強そうに見えるかと聞かれたら、多くの人が長友と答えるだろう。そして、それは「強度」という面だけを見れば決して間違いではないかもしれない。

 しかし、先日スポーツ誌に携わる友人からこんな言葉を聞いた。

「企画でアスリートの体幹トレーニングを色々試したんだけど、遼くんのメニューが一番きつかった。長友の体幹本が人気だけど、あのメニューを普段からやってるなら遼くんの体幹のほうが強いんじゃないかな」

 猫も杓子も口を開けば「体幹」と言い出す体幹ブームの昨今。一見、細身に映る石川の体幹の完成度(単純な筋力ではなく)は、そんなに高いレベルにあるというのか。

試行錯誤のトレーニングで鍛え上げてきた体幹の強さ。

 2月上旬、石川は短い一時帰国の合間を縫って毎年恒例となっている新潟県湯沢町でのクロスカントリースキー合宿を行った。

 普段のゴルフとは違う筋肉を使い、全身に重たい疲労感を感じながら、石川はこれまで積み重ねてきたトレーニングについて語った。

「トレーニングは常に試行錯誤でそれが面白い。一番重要な、基本となる部分は体幹。そのトレーニングは保ちつつ、プラスアルファの部分を毎年変えてきてる。筋肉量を増やすのと同時にスピードが落ちてしまわないように気をつけている」

 石川はプロとなった2008年から阪神の桧山進次郎やボクシング元世界王者の徳山昌守、名城信男らを指導してきた仲田健トレーナーと一緒に肉体づくりに励んできた。地道な積み重ねを通じて体幹が太くしっかりとしてきた感覚は日々のトレーニングの中で感じられるという。

「バランスを保ちながら、プラス何かをするっていうのが昔は全然できなかった。それが今はボールやディスクに乗りながらひねったりする動きがスムーズにできるようになった。体幹というと意識するのはおへそよりちょっと上のあたり。でも腹筋だけじゃありません。腹斜筋にもだいぶ力を入れられるようになってきたけど、まだ右の方が力を入れやすいんで、左をもっとやっていかないといけない」

【次ページ】 1回のトレーニングでこなすメニューは50~100種類。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

石川遼
長友佑都

ゴルフの前後のコラム

ページトップ