SCORE CARDBACK NUMBER

粗雑に見えた石川遼の
プレーに潜む真の「狙い」。
~日本ツアー未勝利の裏側を読む~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2012/02/11 08:00

粗雑に見えた石川遼のプレーに潜む真の「狙い」。~日本ツアー未勝利の裏側を読む~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

4年連続マスターズ出場を目指す石川。次戦はノーザントラスト・オープン(2月16日~)

 石川遼が今年4月のマスターズに出場するためには、大きな壁がある。それは開催前週までに、世界ランキング50位以内に入ることである。

 すでにアマチュアの松山英樹が昨年のアジア・アマチュアを連覇して出場資格を得た。

 一方の石川は、昨年末からボーダーラインであるランク50位前後をゆらゆらと彷徨いながら新しい年を迎えた。

 石川が昨年の日本ツアーで未勝利に終わった理由のひとつとして、ラフ(粗雑)なプレーが目立ったことがあげられる。端から見ると、それがゆえに自分から崩れてしまう大会が、いくつかあったように思える。事実、5月から6月にかけてのダイヤモンドカップや日本ツアー選手権では初日から大きく崩れて予選落ちを喫した。 だが、彼はその頃、こんなことを言っている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 523文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

石川遼

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ