SCORE CARDBACK NUMBER

サイドバックは日本で探せ。
そんな時代がやってくる?
~長友と内田が変えたもの~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/02/01 06:00

サイドバックは日本で探せ。そんな時代がやってくる?~長友と内田が変えたもの~<Number Web> photograph by AFLO

ACミランとのダービーでも、勝利に貢献した長友。今季は2得点3アシストと好調を維持

 先ごろ行なわれた高校選手権決勝でのことだ。四日市中央工の両サイドバックが、躊躇なく何度もオーバーラップする様子を見ていて、こちらまでワクワクした気分になった。あれほど攻撃参加できたら、さぞ楽しいだろうな、と。

 もはやサイドバックが守備の人でないことは、現代サッカーにおける常識。かつては軽視されることも多く、安全第一でDFラインから離れないサイドバックが少なくなかった高校サッカーでも、これだけ機能的に攻撃参加できるようになってきたことは、頼もしい限りだ。

 もちろん、サッカー自体の変質とともに、サイドバックの役割が変わったことは理由のひとつだろうが、分かりやすいアイコンの存在も見逃せない。長友佑都と内田篤人の活躍は、確実にサイドバックのイメージを変えている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

長友佑都
酒井宏樹
駒野友一
内田篤人

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ