SCORE CARDBACK NUMBER

来季でメジャー10年目、
松井秀喜はどこへ行く?
~アスレチックス残留も微妙か~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2011/12/22 06:00

来季でメジャー10年目、松井秀喜はどこへ行く?~アスレチックス残留も微妙か~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

2011年は141試合出場、打率2割5分1厘、本塁打12本という成績に終わった松井

 その期間、各球団GMの口から、「松井秀喜」の名前が聞こえてくることはなかった。

 ワールドシリーズ終了後、動きの鈍かったFA市場が、12月5日からテキサス州ダラスで行なわれたウインター・ミーティングを境に、一気に動きはじめた。新生マーリンズが遊撃レイエスをはじめ次々に大物を獲得したのに対し、エンゼルスは大砲プホルス、左腕ウィルソンと大型契約を結んだ。日本人ではダルビッシュ、中島、青木がポスティング申請を行なうなど話題を集める一方で、アスレチックスからFAとなった松井の話題は、影を潜めていた。

 来季でメジャー10年目。ヤンキース時代は打点を稼ぐ中軸として活躍し、'09年のワールドシリーズでMVPに輝いたとはいえ、その後、エンゼルス、アスレチックスと渡り歩いた過去2年間は、決して満足のいくシーズンではなかった。特に、今季のシーズン序盤は、スタメンから外れることも多く、その結果、極度の打撃不振に陥った。それでも、ゲレン前監督の解任に伴い、後任のメルビン監督代行がベテラン松井を重用。首脳陣の信頼感を得たことで、息を吹き返したかのように打ち始め、DH兼外野手として毎試合出場できる立場を確保した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 411文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<2011年総集編> 日本の誇り。

Sports Graphic Number 794

<2011年総集編> 日本の誇り。

 

関連記事

松井秀喜
オークランド・アスレチックス

MLBの前後の記事

ページトップ