SCORE CARDBACK NUMBER

野球人生最大の危機を
松坂大輔は克服できるか。
~試練のなかで明かした胸の内~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2011/12/16 06:02

野球人生最大の危機を松坂大輔は克服できるか。~試練のなかで明かした胸の内~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

今季は3勝3敗の成績に終わった松坂。チームも終盤大失速し、プレーオフ進出を逃した

 ゆったりとしたモーションから繰り出される高回転の球筋には、とても故障者とは思えないほど、新たな力強さが芽生えていた。レッドソックス松坂大輔が6月10日に右肘の靱帯移植手術を受けてから、5カ月以上が経過した。11月中旬の段階で、投球練習は距離約30m、球速130km前後まで戻った。その間、フロリダ州フォートマイヤーズで孤独なリハビリに専念してきた松坂は、慎重に言葉を選びながらも、ハッキリと手応えを口にした。

「フォームを大きく使えて、少しずつ形が見え始めてきた感じですね」

 近年では珍しくなくなったとはいえ、投手生命を左右しかねない大手術だった。成功率9割のデータが残る一方で、再手術を経ても復帰できないケースは少なくない。日米両国で常に注目されてきた松坂にとって、重大な決断だった。手術直前には「野球人生の最大のピンチ」と受け止め、「試練を与えてくれた野球の神様に感謝できるようになれたらいいです」と、苦しい胸の内を明かした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 464文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

誰も知らないキング・カズ。

Sports Graphic Number 793

誰も知らないキング・カズ。

 

関連記事

松坂大輔
ボストン・レッドソックス

MLBの前後の記事

ページトップ