SCORE CARDBACK NUMBER

モトGPで発揮される、
青山博一の潜在能力。
~ホンダ浮沈の鍵を握る男~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2010/03/31 06:00

モトGPで発揮される、青山博一の潜在能力。~ホンダ浮沈の鍵を握る男~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

テストを重ねるごとにじわり順位を上げていく青山。何事も一歩ずつの彼らしいやり方だ

 昨年の250ccチャンピオンで、今季モトGPクラスにスイッチする青山博一が、早くもホンダ勢の鍵を握る選手に進化を遂げた。

 今季初テストとなった2月のマレーシアでは、ニューマシンのセットアップに苦しんで14番手だったが、同地の2回目のテストではセッティングを進めて総合9番手につけた。ホンダ勢6台の中では、ワークスチームのA・ドビツィオーゾとD・ペドロサに僅差で続く3番手。タイムと順位を着実に上げるばかりでなく、新車投入で全体的に低迷するホンダ勢の中で青山の走りは注目を集めた。

 今季、ホンダのマシンは、モトGPクラスに参戦するメーカーの中でもっとも大きく変わった。これまでホンダは、サスペンションメーカーのショーワと密接なパートナーシップを結んできた。2010年型の開発もショーワを装着して行なわれてきたが、ショーワのモトGPクラスからの撤退により、ライバルメーカーのオーリンズに変更された。マシンがフルモデルチェンジされた場合、往々にして走り出しでつまずくことは多い。2010年型もサスペンションが変わったことで、セットアップがイチからのスタートになってしまった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

青山博一

MotoGPの前後のコラム

ページトップ