Number Do SpecialBACK NUMBER

<私とカラダづくり> 川澄奈穂美のトレーニングに潜入! 「理想はケモノのカラダです」 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byYasuyuki Kurose

posted2011/12/19 06:01

<私とカラダづくり> 川澄奈穂美のトレーニングに潜入! 「理想はケモノのカラダです」<Number Web> photograph by Yasuyuki Kurose
あの人に学ぶカラダづくり。
世界と戦うアスリートから、合気道6段の思想家まで、
気になるあの人たちの、カラダづくりを覗いてみよう。
トップバッターは2011年のシンデレラガール、川澄奈穂美。
157cmのカラダで、なでしこを世界の頂点に導いた秘密とは?
神戸のジムを訪ねると、見事な筋肉を身にまとった彼女がいた――。

「理想のカラダは……ケモノのようなカラダです!」

 開口一番、川澄奈穂美はそう言ったのだ。

 でも、ケモノのようなカラダって、どんなカラダなんだろう?

「アスリートですから、見ていて美しいカラダってことじゃないですかね」

 なでしこジャパンがW杯を制してから、周りは変化したけれど、川澄自身は以前とは何も変わることなく、毎日のトレーニングに励んでいる。「なでしこ」と聞くと淑女のイメージが強いが、実際の川澄奈穂美を侮ってはいけない。彼女は鍛え抜かれたアスリートだ。そんな彼女の理想のカラダを手に入れるためのトレーニング論とは……。

【1 川澄奈穂美の「理想のカラダ」】

 ケモノのようなカラダもそうですけど、いま欲しいのは「疲れないカラダ」です。日本代表の合宿で「ヨーヨーテスト」と呼ばれる20mを延々と往復するテストがあるんですが、いちばん最後までサバイバルしてます。もっともっと疲れないカラダを作って、最後まで走りまわれるサッカーがしたい。それが自分のストロングポイントだと思ってますし、トレーニングで意識している部分です。

こちらは雑誌『Number Do』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4130文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

理想のカラダのつくりかた。~100人のトレーニング大公開!~
川澄奈穂美

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ