NumberEYESBACK NUMBER

女王ウオッカが残した、
強烈なる個性的蹄跡。
~順調なら初仔が3年後デビュー~ 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byHideharu Suga

posted2010/03/25 06:00

女王ウオッカが残した、強烈なる個性的蹄跡。~順調なら初仔が3年後デビュー~<Number Web> photograph by Hideharu Suga

昨年11月、日本牝馬初のジャパンカップ制覇が最後の勝利となった

冬を送る一輪の花身内(みうち)より白きタイルに鼻血おちたり

 この岡部桂一郎の短歌を、競馬と同じくらいボクシングが好きだった寺山修司はボクサーを詠んだものと解釈した。戦い終えたボクサーがシャワールームで下を向いたとき、タイルに滴り落ちた鮮血。「その血の赤さは、さながら一輪の花である」(「現代百人一首」)。

 寺山が生きていたら、ドバイでウオッカの鼻から滴った血も、やはり美しい一輪の花と見たかもしれない。ともかく、「ウオッカの季節」は滴り落ちた血の花に送られて終わった。ほんとうはジャパンカップの勝利のあと、鼻先ににじんだ血を見たとき、われわれはウオッカの季節の終わりに気づくべきだったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1026文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年特別編集日本サッカー マイ・ベストゲーム。
ウオッカ

競馬の前後の記事

ページトップ