SCORE CARDBACK NUMBER

GPの最高峰クラスから
遂に日本人が消える。
~青山博一、モトGPからWSBへ~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2011/11/06 08:00

GPの最高峰クラスから遂に日本人が消える。~青山博一、モトGPからWSBへ~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

ロッシ、ロレンソの2人のスーパースターと並ぶ青山。こんな光景はもう見られないのか

 日本人でただひとり最高峰クラスに参戦している青山博一が、来季、スーパーバイク世界選手権(WSB)に戦いの場を移すことになった。

 青山は'09年に250ccクラスでチャンピオンになり、ホンダから2年間のモトGP参戦のサポートを約束されていたが、怪我などで思うような成績を残せなかった。さらに、世界経済の混迷と東日本大震災の影響で、ホンダが来季のレース予算を大幅に削減することも響いた。

 モトGPクラスは来季、800ccから1000ccに排気量が上がる。同時に新しいチームの参加を促すため、グランプリを運営統括するドルナは、市販車のエンジン(現状ではWSB用)を使用するCRTという枠組みでエントリーできるようにした。そのCRTで参戦するチームから青山を参戦させようとする動きもあったが、「モトGPマシンでなければ勝負にならない。自分の望む体制ではない」ということで、青山は優勝争いできるWSBにスイッチする決断を下した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ホンダ
青山博一

MotoGPの前後のコラム

ページトップ