Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<バルサの超攻撃革命> グアルディオラ 「3-4-3とセスク獲得の謎」 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byDaisuke Nakashima

posted2011/10/20 06:02

<バルサの超攻撃革命> グアルディオラ 「3-4-3とセスク獲得の謎」<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima
史上最強と謳われるバルセロナが、さらなる高みに
到達しようとしている。そのきっかけとなったのが、
指揮官主導による2つの変化。だが、誰もその真意を掴めない。
何故3-4-3を導入し、何故セスクを獲ったのか――。
その謎解きの手掛かりは、彼の“ルーツ”にあった。

 バルセロナの監督ジョゼップ・グアルディオラをよく知る者は口を揃える。

 1日24時間サッカーのことを考えていると。あれは病気だと。

 現チームの中でグアルディオラと過ごしてきた時間が最も長いシャビ・エルナンデスは、ロッカールームを共にしていた頃を振り返る。

「僕のキャリアの中で『本当にサッカーが好きなんだな』と思った選手は何人かいる。リバウド('97年~'02年に在籍。'99年にバロンドール受賞)とかね。でも、このスポーツのありとあらゆる側面に留意し、どんな些細なことも見逃さなかったのは“ペップ”だけだった」

 バルサの強さの秘密である。

 だが、もちろんそれだけではない。

 3年前の監督就任以来、グアルディオラは常に観る者の予想を超えてきた。戦術や選手の起用法、交代のタイミング。彼なりの理論があるのは間違いないが、それが読めない。終わってみれば全て納得のいく采配なのだが、彼の着想に先んずるのは非常に難しい。

 今シーズンの場合はDFを3人に減らしたフォーメーション、そして、セスク・ファブレガスの獲得とその起用法だ。

 リーガ開幕戦となったビジャレアルとの試合でグアルディオラは3-4-3を用いた。サイドアタックが常套手段となっている現在のリーガで、両サイドにスペースをたっぷり残す3バックは危険極まりない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6970文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

名将バイブル2011~グアルディオラと7人の刺客~
ジョゼップ・グアルディオラ
バルセロナ
ヨハン・クライフ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ