スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

カウンセルと45打数連続無安打。
~あわや102年ぶりのMLB珍記録~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/08/28 08:01

カウンセルと45打数連続無安打。~あわや102年ぶりのMLB珍記録~<Number Web> photograph by Getty Images

もともと打率の高い選手ではないが(昨年は.250)、ここまで打てないシーズンは初めてだ

MLBにおける「史上最低の○○」とは?

 ひとつには、バーゲンの記録が「46打数」から「45打数」に訂正されたことがあるかもしれない。実は〈イライアス〉がこの数字を発表する前、〈ソサエティ・フォー・アメリカンベースボール・リサーチ〉という団体が、バーゲンの記録を「46打数連続無安打」と公表していたのである。

 が、〈イライアス〉の異論を受けて〈ソサエティ〉は再調査を行った。そして、「1909年7月14日の試合で、バーゲンは(3度ではなく)2度しか打席に立たなかった」という訂正記事を発表したのである。

 ややこしい話だが、昔の野球のリサーチではこういう例が珍しくない。

 そんなざわつきを尻目に、カウンセルは黙々と無安打を続け、8月初め、ついに史上3人目の「45打数連続無安打」にたどりついたのだった。

 だが結局、カウンセルも記録更新は果たせなかった。いや、102年ぶりの新記録達成をまぬがれた、というほうが適切だろうか。8月5日、代打に立った彼はライト前にヒットを放ち、長いトンネルを脱出したのだ。

 それだけではない。闇を抜け出たカウンセルは、8月9日以降の10試合で11打数5安打と打ちまくり、1割4分台だった打率を1割7分3厘にまで改善している。

 この数字を見れば、カウンセルも胸を撫で下ろすはずだ。1909年、バーゲンの打率は1割3分9厘だった。読者諸賢はすでにお気づきだろうが、これはMLBで公式に認められた中では「史上最低の」打率なのである。

関連記事

BACK 1 2
ミルウォーキー・ブルワーズ
クレイグ・カウンセル

MLBの前後の記事

ページトップ