Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<春夏連覇組の'85年と'87年> PL学園 「KKの背中を追え」 

text by

城島充

城島充Mitsuru Jojima

PROFILE

photograph byToshihiro Kitagawa/Katsuro Okazawa

posted2011/08/27 08:01

<春夏連覇組の'85年と'87年> PL学園 「KKの背中を追え」<Number Web> photograph by Toshihiro Kitagawa/Katsuro Okazawa
桑田、清原が築いた“最強”の称号に憧れた少年たちは、15歳の春、
学園の門をくぐった。立浪和義、野村弘樹、片岡篤史、橋本清。
1年生だった4人は、頂点を極めてゆくKKの後姿に何を感じたのか。
彼らが巨大な重圧と対峙し、乗り越え、春夏連覇の偉業を果たすまで。

 その夜、清原和博が室内練習場でバットを振り続けた逸話はよく知られている。

 1985年春の選抜大会。高校生活最後のシーズンを迎えた清原と桑田真澄の「KKコンビ」を擁するPL学園は揺るぎない優勝候補だったが、準決勝の伊野商戦で苦杯をなめた。伊野商のエース渡辺智男の快速球に3三振を喫した清原は甲子園から戻ってきたあと、室内練習場で150kmに設定したマシンのボールを打ち込んだのだ。

 このとき、野球部の研志寮に入ったばかりの野村弘樹も室内練習場にいた。

 広島からやってきた15歳の少年に鮮烈な印象を残したのは、傷心の清原が上半身裸になってバットを振る姿だけではない。

 清原は付き添った2年生の後輩に、マシンのボールをもっとインコースに設定するように命じた。

 言われたとおり、2年生がマシンの角度を変える。が、次にマシンから弾かれたボールは、清原の左足の太ももを直撃した。

「すみません……」

 2年生は青ざめたが、清原は痛がるそぶりを見せなかった。ぐっと唇をかみしめながらマシンをにらみつけ、さっきと同じ位置にスタンスを固めてバットを構えたのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5945文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

覇者たちの夏。~甲子園 最強高校伝説~
清原和博
桑田真澄
野村弘樹
片岡篤史
立浪和義
橋本清
PL学園高校

高校野球の前後の記事

ページトップ