野ボール横丁BACK NUMBER

眠れる強豪校・関西がついに覚醒!
如水館を破った神懸かり的采配。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/08/17 18:50

眠れる強豪校・関西がついに覚醒!如水館を破った神懸かり的采配。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

地方大会の決勝でも、土壇場の9回で3点差を追いつき同点とした後、延長戦でサヨナラ勝ちするなど、今夏の関西は実力だけでなく運までも味方につけている。自身の高校時代にベスト8まで進んだこともある江浦滋泰監督も、この快進撃に感慨しきり

「今は、思う存分、力を出せる状態にあります」(江浦)。

 木内はよくこう話していたものだ。

「嬉しそうな顔をしてマウンドに上がるピッチャーは、みんないいピッチングをするもんなんだよ」

 もちろん、江浦はそこまで計算して使ったわけではないようだが、結果的に堅田に自信を取り戻させた。

 実は、江浦のことをこれまではちょっと陰のある監督だなと思っていた。だが、勝ち上がるごとに言葉も大きく、はっきりしてきた。そして、何より目に自信が宿ってきた。

「(甲子園での采配は)楽しいですね。今は、思う存分、力を出せる状態にあります」

 これまで潜在能力は高いと言われ続けてきた関西だが、なかなか力を発揮しきれずにいた。そんな中国の強豪が、ようやく人馬一体となった感がある。

 関西は19日の準決勝で習志野(千葉)と日大三(西東京)の勝者と当たる。どちらがきても優勝候補だ。でも「笑う門に福来たる」だ。指揮官が乗りに乗っている関西もあなどれない。

関連記事

BACK 1 2 3
江浦滋泰
堅田裕太
関西高校

高校野球の前後の記事

ページトップ