ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

好発進のヴォルフスブルク、
死角はないのか。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/08/20 11:30

好発進のヴォルフスブルク、死角はないのか。<Number Web> photograph by Getty Images

アルジェリア代表のジアニ。今季マルセイユから移籍してきたテクニシャンだ

超一流プレイヤーには通用しない守備体制の危うさ。

 そして、個に依存する守備にも危うさが潜んでいる。たとえば昨季の終盤、相手にDFラインの裏を何度も突かれながら、DFのバルザーリやGKのベナーリオを中心とした守備陣が瀬戸際で踏ん張り、勝ちを拾うゲームがいくつもあった。ところが、現役のドイツ人FWの中で最も評価の高いゴメスには通用せず、当時ゴメスが所属していたシュツットガルトとの試合では彼一人に4ゴールを叩き込まれている。CLで対戦する可能性のあるイブラヒモビッチ、ロナウド、エトー、F・トーレスなどはさらにその上を行く。現在のようなやり方で、彼らを抑えられるのだろうか。

 フェー監督がかつて率いていたシュツットガルトは、優勝した翌シーズンにCLとリーグ戦の両立に苦しみ、CLではグループリーグ最下位、リーグ戦では6位で終わった。

 フェー監督は当時を振り返ってこんなことを口にしている。

「あのときは8人もケガ人がいたから、仕方なかったんだ。CLで良い成績を残すのは難しいことではあるけれど、不可能ではないはず」

 CLに向けて、メンバー構成を変えるのか。それとも、攻撃力に自信を持つ選手たちに守備の意識を強く植え付けるのか。現時点ではまだ、見えてこない。

 欧州の舞台が開くまで、1カ月を切った。フェー監督は有効な手を打てるのだろうか。

関連記事

BACK 1 2
アルミン・フェー
ジアニ
グラフィッチ
ズビェズダン・ミシモビッチ
バルザーリ
ベナリオ
ヴォルフスブルク

海外サッカーの前後の記事

ページトップ