ベースボール・ダンディBACK NUMBER

交流戦に見た、原采配の裏表。
~名将の弱点はDH制にあり?~ 

text by

田端到

田端到Itaru Tabata

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2009/06/22 13:30

交流戦に見た、原采配の裏表。~名将の弱点はDH制にあり?~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

交流戦のビジターゲームで、巨人の成績が振るわない理由。

 ただし、そんな指揮官でも、いつもと勝手が違ったと思われるのが交流戦のロード(ビジター)のゲームだ。

 巨人の交流戦成績は12勝9敗、3引き分け。これをホームとロードに分けると、

  ホーム…9勝3敗

  ロード…3勝6敗3分け

 ロードでは12試合中、わずか3つしか勝てなかった。

 DH制が採用される交流戦のパ・リーグ主催試合では、投手が打席に入らない。投手の打席で代打を起用しながら、巧みに選手や守備位置を入れ替え、日替わりのヒーローを生み出してゆくという原監督の得意とする用兵が、うまく機能しないのである。

 いつもは早め早めの仕掛けも、ロードのDH制の試合では後手に回ることが多く、それが5月30日から6月3日にかけての4試合連続延長戦(0勝1敗3分)という疲労感たっぷりの珍記録につながった。

 人使いの名将・原辰徳監督の弱点は、人をうまく回転させられないDH制にあり。明日からペナントレースに戻り、再びその手腕は冴えわたるのか。

関連記事

BACK 1 2
原辰徳
野村克也
古城茂幸
大道典嘉
木村拓也
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ