SCORE CARDBACK NUMBER

このままでは終われない。
和田一浩の「発奮材料」。
~中日優勝のキーマンは37歳~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2009/06/22 06:01

このままでは終われない。和田一浩の「発奮材料」。~中日優勝のキーマンは37歳~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

打撃のみならず肩の強さには定評があり、'06年にはリーグ最多捕殺を記録したこともある

 中日にFA移籍して今年で2年目。和田一浩はようやくセ・リーグの投手に慣れてきたと言う。

 和田の手元までボールを呼び込む打法は「上体によほど力がないと出来ない」と批判されてきたが、頑として貫き通した結果、今季は54試合で早くも15本塁打を放っている(6月8日現在)。ヤクルトで青木宣親を育て、横浜で内川聖一と吉村裕基を一人前にした杉村繁打撃コーチも「打者の手元で変化するボールが多くなった現在では、前で叩く打法は合わない」と和田の打撃理論を支持している。

 1997年、神戸製鋼からドラフト4位で西武に入団。当初は捕手だったが入団6年目、外野手として定着。金森栄治(現BCリーグ石川監督)と、今の打法を完成させたのもこのころである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 596文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

WBC後の物語。9 Stories about SAMURAI

Sports Graphic Number 731

WBC後の物語。
9 Stories about SAMURAI

 

関連記事

落合博満
和田一浩
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ