スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

城島のマリナーズ退団、本当の事情。
7億捨てて、みんなHAPPY! 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/10/24 08:00

城島のマリナーズ退団、本当の事情。7億捨てて、みんなHAPPY!<Number Web> photograph by Getty Images

2006年マリナーズ入団からの毎年のOPSは、.783(2006年)、.755(2007年)、.609(2008年)、.702(2009年)。ホークス時代の後期はコンスタントに.900を超えており、2004年には1.087という驚異的な数値を記録している

城島から正捕手の座を奪ったロブ・ジョンソンとは?

 そもそも7億円を超える捕手が控えに回るのは、契約が優先されるメジャーリーグの世界では珍しい。振り返ってみると、今季の城島は怪我で戦線離脱したのが痛かった。

 7月のオールスターを迎える時点で、代わって正捕手となったロブ・ジョンソンと城島の勝負づけは済んでいたと言えよう。マリナーズ投手陣の成績は、ふたりの捕手の間では著しく違っていたからだ。

  ● ジョンソンがマスクをかぶった場合
    25勝16敗 防御率2.93

  ● 城島がマスクをかぶった場合
    13勝19敗 防御率4.91

 数字の上でも明らかになっただけでなく、当時のチームの先発3本柱であるヘルナンデス、ウォッシュバーン(後にタイガースにトレード)、ベダードの3人がジョンソンに受けてもらうことを切望した。ワカマツ監督もこのリクエストに応えるように、ジョンソンを正捕手として選び、城島は控えに甘んじるようになった。

 ジョンソンの年俸はおよそ4千万円。どちらのコストパフォーマンスがいいか、火を見るより明らかだ。

不運な怪我とチーム内の「嫉妬」で身動きがとれなくなった。

 今季の怪我がポジションを失う決定打になってしまったが、実は2008年4月から、城島の地位は安泰ではなくなっていた。この時期に城島は3年間の契約延長をマリナーズと結んだ。しかし、これが投手陣から不興をかってしまった。

 単純に言えば、嫉妬である。女の嫉妬も怖いが、男の嫉妬もコワい、コワい。

 なぜ、この時期に延長出来たんだ? 日本人のオーナーシップが絡んでいるからじゃないか? そうした憶測が投手陣に流れ、城島は技術とはまったく関係ない部分で信頼を失っていく。

 皮肉にも城島は新しい契約を勝ち取ったがために、球団でのポジション、地位を危うくしてしまったのである。

【次ページ】 データでは期待大の城島! では、日本球界での行き先は?

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

城島健司
シアトル・マリナーズ
阪神タイガース

MLBの前後のコラム

ページトップ