スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

城島のマリナーズ退団、本当の事情。
7億捨てて、みんなHAPPY! 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/10/24 08:00

城島のマリナーズ退団、本当の事情。7億捨てて、みんなHAPPY!<Number Web> photograph by Getty Images

2006年マリナーズ入団からの毎年のOPSは、.783(2006年)、.755(2007年)、.609(2008年)、.702(2009年)。ホークス時代の後期はコンスタントに.900を超えており、2004年には1.087という驚異的な数値を記録している

データでは期待大の城島! では、日本球界での行き先は?

 さて、気になるのは城島の日本球界での行き先だ。単純に考えれば、ソフトバンク・ホークスが浮かび上がり、実際に王貞治氏も城島のことが欲しそうだ。

 しかしホークスでは今季、田上秀則が成長を見せているし、田上の今季推定年俸は2500万。昨季のオフから各球団はコストパフォーマンスに敏感になっており、億単位のお金が動く城島とはマッチしない(それにおそらく城島自身も田上に遠慮するのではないか?)。

 そこで正捕手に不安を残す阪神などが浮上してくるわけだが、報道では阪神のオファーは4年20億円とも言われている。

 城島はまだ33歳。老けこむ年でもないし、適切な起用法を心がければあと5年はマスクをかぶれるだろう。それにメジャーリーグでほとんど使われず最終年を過ごした選手は、日本に帰った1年目に大活躍するというデータもある。これは新庄剛志と井口資仁のメジャー最終年と帰国1年目の数字を比較したものだ。

 新庄剛志   打率   出塁率   長打率   OPS 
 2003年メッツ  .193 .238 .246 .484
 2004年北海道日本ハム  .298 .327 .508 .835
 井口資仁   打率   出塁率   長打率   OPS 
 2008年(パドレス+フィリーズ)  .232 .292 .306 .598
 2009年千葉ロッテ  .281 .391 .475 .866
 城島健司   打率   出塁率   長打率   OPS 
 2009年マリナーズ  .247 .296 .406 .702
 ??? 
※ OPS=出塁率と長打率の和

 新庄、井口のデータを見る限り、出塁率で1割、長打率では2割前後のアップが見られる。特に井口の.866というOPSは素晴らしい数字だ。

 サンプル数が少ないので鵜呑みにすることはできないが、もしも城島が健康な状態で日本に帰ってきた場合、打撃面ではかなりの数字を期待できるのではないか。4割近い出塁率に5割を超える長打率。これは決して実現できない数字ではない。ホークスの最終年だった2005年の城島のOPSは.938だったのだから。

 打撃不振に悩むチームにとっては、メジャー帰りの城島が特効薬になる可能性は十分にある。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

城島健司
シアトル・マリナーズ
阪神タイガース

MLBの前後のコラム

ページトップ