プロ野球PRESSBACK NUMBER

ダルビッシュ有、一世一代の投球!
恋女房も捕れなかった“驚異の4球”。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2009/11/02 12:30

ダルビッシュ有、一世一代の投球!恋女房も捕れなかった“驚異の4球”。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

鶴岡が1試合で4度も同種のボールを後逸するという異常。

 今年の春先、Number誌上で「速球に磨きをかけたい?」という質問に対し、頑なにこう言い続けた。

「ストレートだけに自信を持っているわけじゃなくて、全部の球種に自信を持っている。全部を磨くことが大事」

 左臀部や腰に痛みを抱えているためか、この試合でのダルビッシュは、下半身主導というよりは上半身に、特に腕の振り、手首の捻りに意識を集中していたように思えた。

 それを裏付けさせたのが、4球のスライダー。

 3回表の坂本勇人への1球目と3球目、6回表の亀井義行への4球目と谷佳知への3球目のスライダーを、捕手の鶴岡慎也は後逸した。キャッチングにも定評があり、何よりダルビッシュの恋女房である鶴岡が、1試合で同じボールを4度も後ろへ逸らすなど常識として考えられない。それほど、変化球の切れが鋭かったということだ。

 5回表の2死満塁で小笠原道大を迎えたときなどは、'02年の松坂と明らかに違うものだった。1、2球目は148km/hのストレート。これほど力のあるボールが投げられるのであれば、真っ向勝負を挑んでもよかったのかもしれない。だが、3球目をスローカーブでタイミングを外し、4球目に内角低めに曲がるスライダーで空振り三振に打ち取った。

「力で捻じ伏せる」という言葉があるが、投手においてはストレートで押すだけが力のある投球ではない。

ダルビッシュの「札幌で決めます!」。先発宣言か?

 ダルビッシュは6回を7安打2失点の内容に対し、降板直後に「本来の調子には程遠かった」とコメントを残したが、同時に「一世一代の投球ができました」と付け加えている。全部の球種に自信を持ち、常に磨きをかけていたからこそ、“変化球という力で相手を捻じ伏せる”ことができた。だから、一世一代という自己評価はなんら大袈裟なものではないのだ。

 試合後のヒーローインタビューで彼は、「札幌で決めます」と高々に宣言した。移動日を含めれば、再び本拠地決戦となる第6戦まで中5日。故障は完治しないだろうが、ひょっとするとその言葉は、中継ぎでも抑えでもなく、「先発できますよ」というGOサインなのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2
鶴岡慎也
ダルビッシュ有
北海道日本ハムファイターズ
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ