スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

NBAの頂点に立つビリオネアに学ぶ、
プロチームのオーナーの資質とは? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2011/06/26 08:00

NBAの頂点に立つビリオネアに学ぶ、プロチームのオーナーの資質とは?<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

ホームコートであるアメリカン・エアライン・センターへ凱旋したマーク・キューバン。今年52歳になるキューバンだが、大学時代に起業して折からのITバブルにのって巨万の富を築いた、アメリカの新しい時代の実業家である

お家騒動のドジャースを買収してMLBの経営にも参画!?

 アメリカのプロスポーツ界で、もっとも保守的な風土を持つのがメジャーリーグであり(保守リベラル、規制をあまりかけない自由主義経済)、現在、野球にたずさわっている経営者たちにとって、キューバンはとにかく目障りな存在にしか過ぎないだろうと思う。

 しかし今ではどこかの球団の経営危機が叫ばれるたび、必ずと言っていいほどキューバンが「興味を持っている」と報道されるようになった。

 いま、ロサンゼルス・ドジャースはオーナー夫妻のお家騒動で経営が不安定になっているが、キューバンが経営に興味を持っていると当然言われている。

NBAに奇跡を起こした男ならMLBにも風穴を開けられるのでは……。

 バスケットボールと野球とでは、経営方針や強化の方法も違う。しかし、ダラスに奇跡を起こした男が、メジャーリーグの世界でもひと波乱起こしてくれないか──。そんな希望を持ってしまったりする。

 オーナーとは、かくも影響力のある存在であり、その情熱がチームを変えるのだ。

 ダラスで行われた優勝パレードで、「サンキュー・マーク!」とファンに連呼された時のオーナーの感激は、どれほどのものだったか。

 生まれたからには、一度はプロスポーツチームのオーナーになってみたいと思うが……これは夢想に過ぎませんな。

■関連コラム► <NBA史上最多優勝のヘッドコーチ> フィル・ジャクソン 「去り際の美学」
► 名門ドジャースが突如経営危機に!! 発端はオーナー夫妻の離婚騒動?

コメントする・見る
BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マーク・キューバン
ダラス・マーベリックス

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ