野球善哉BACK NUMBER

「運命的な試合」と「左腕」に注目!<'09年夏の甲子園プレビュー> 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2009/08/06 13:20

「運命的な試合」と「左腕」に注目!<'09年夏の甲子園プレビュー><Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

地方予選無失点を誇る智弁和歌山の岡田俊哉。

 智弁和歌山の岡田は、1年夏から甲子園の舞台を経験。満を持して、4度目のマウンドを踏む。今も伸びつつあるという181cmの身長から、角度のあるストレート、切れ味鋭いスライダーを投げる。県大会では準々決勝から3試合連続完封。途中登板を含めると32回1/3を投げ無失点。この夏、まだ失点していない。今大会で2勝を挙げれば、監督通算最多勝利数1位に並ぶ高嶋仁監督は岡田をこう評している。

「3年になって自覚が出てきた。去年まではストレートをバットに当てられただけで、カリカリしていた。ストレートばっかりで抑えよう抑えようとしておったんですが、今は、そんなこともなく、変化球で軽く抑えよんです。今年は、クリーンアップが怪我で、県大会ではいつもの持ち味は出なかったけど、岡田がよう抑えてくれた」

 智弁和歌山といえば「強打」のイメージだが、ここ近年は強打を持ちながらも、投手が踏ん張りきれずに負けてきたというのが、事実としてあった。今年は打撃陣が出遅れてはいるものの、過去のそうした流れを汲めば、岡田の存在は今年の智弁和歌山にとって象徴的である。

菊池雄星を軸に新たな黄金世代は誕生するか?

「内海2世」の異名を取る敦賀気比・山田は県大会の初戦で17奪三振を記録するなど、他を圧する力を持つ。福井県大会で奪った4試合49奪三振は先輩・内海(巨人)を超える大会新記録。今年の福井県は投手豊作の年で、例えば、昨夏の甲子園で1勝を挙げた福井商の竹沢佳汰とはライバルとしてしのぎを削ってきた。昨年春の選抜に出場し、昨夏は竹沢の後塵を拝し、3年夏になって再び巻き返した山田にはどうしても期待したくなる。

 そして、その対戦相手が優勝候補の帝京(東東京)である。帝京は東東京大会決勝で24得点を奪って圧勝。打率もさることながら、大技・小技に抜け目がなく、得点能力が高い。また本格派投手を4人揃え、投打に圧倒的な力を持っている帝京に、敦賀気比・山田はどう対峙しようというのか。

「帝京相手に、山田の力がどこまで通用するのか、私自身が楽しみ。そのためにはベストの状態で臨めるように、調整したい」と、敦賀気比・林博美監督である。

 この他では県大会5試合すべての試合で先発し、全試合完封の酒田南(山形)・安井亮輔も注目選手としてあげたい。初戦の対戦相手が関西学院(兵庫)で、勝てば優勝候補の中京大中京(愛知)vs.古豪・龍谷大平安(京都)の勝者という組み合わせで、その力を測るにはちょうどいい相手との対戦が続く。

 世代を象徴する選手の存在は、その世代全体のレベルを上げるというのはよく聞く話だ。世代No.1投手の菊池を軸とした左腕投手たちに注目していくというのも、勝敗とは関係なしに、今年の大会の楽しみだろう。

 常総学院(茨城)vs.九州国際大付(福岡)のゲームで、91回目の熱い夏が開幕する。

関連記事

BACK 1 2
岡田俊哉
島袋洋奨
菊池雄星
今宮健太
帝京高校
興南高校
花巻東高校
智弁和歌山高校

高校野球の前後の記事

ページトップ