ベースボール・ダンディBACK NUMBER

セ・リーグ最高の監督は誰?
~得点効率で監督采配を評価する~ 

text by

田端到

田端到Itaru Tabata

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2010/02/09 10:30

セ・リーグ最高の監督は誰?~得点効率で監督采配を評価する~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

今回使用した指標「ゲットベース(GB)」の説明。

 GB=(1.8×単打)+(3.2×二塁打)+(4.4×三塁打)+(5.4×本塁打)+(1.4×四死球)

 GBとは「獲得する塁の数」を計算したもの。

・単打は、打者が塁を1つ獲得し、走者は平均0.8塁を獲得する。(走者なしの場合や、走者が2人いる場合なども総合した平均)

・二塁打は、打者が塁を2つ獲得し、走者は平均1.2塁を獲得する。

・三塁打は、打者が塁を3つ獲得し、走者は平均1.4塁を獲得する。

・本塁打は、打者が塁を4つ獲得し、走者は平均1.4塁を獲得する。

・四死球は、打者が塁を1つ獲得し、走者は平均0.4塁を獲得する。

 走者の獲得ベース数は、各走者状況の出現割合と進塁確率を元に計算してある。

 GBR(推定得点)=GB×0.16

 0.16を掛けるのは、過去の統計に合うように係数を求めたもの。

 1得点には4つの塁が必要だから、残塁がひとつもない場合は、得点=GB×0.25。よって、係数0.16とは、獲得した塁のうち64%(16/25)が得点につながることを意味する。

関連記事

BACK 1 2 3 4
マーティ・ブラウン
落合博満
岡田彰布
真弓明信
原辰徳
尾花高夫

プロ野球の前後の記事

ページトップ