SCORE CARDBACK NUMBER

ブルズの「接着剤的存在」、
ルオー・デンの大切な目標。
~NBA優勝とロンドン五輪と~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2011/05/26 06:00

ブルズの「接着剤的存在」、ルオー・デンの大切な目標。~NBA優勝とロンドン五輪と~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

東地区決勝初戦ではヒートのエース、レブロンを封じ込めつつ21得点を挙げ、攻守に奮闘

 4月、ルオー・デン(シカゴ・ブルズ)はひとつの目標を達成した。レギュラーシーズン全82試合に出場すること。些細な目標に思えるが、'04年にNBA入りしてから昨季まで全試合出場したのは僅か1シーズンだっただけに、大きな一歩だった。特に2シーズン前に右けい骨の疲労骨折でシーズン半分近くを欠場したときがたまたま、6年間7100万ドルで契約延長した直後だったために「高額契約をした途端に手を抜いた」と批判され、悔しい思いをした。それだけに、なおさら達成感があった。

 現在はブルズのベテラン・リーダーであり、チームに必要なことは何でもやる「接着剤的存在」(ブルズHC、トム・シボドー)。5月15日の東カンファレンス決勝第1戦では、マイアミ・ヒートのレブロン・ジェイムスを好ディフェンスで抑え、勝利に大きく貢献した。シリーズの鍵を握る一人だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 528文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

これが日本の生きる道。~欧州サッカー'10-'11シーズン総集編~

関連記事

ルオー・デン
シカゴ・ブルズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ