SCORE CARDBACK NUMBER

10年後のW杯を見据えて
取り組むべき若手の強化。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2009/07/28 06:01

10年後のW杯を見据えて取り組むべき若手の強化。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

7人制代表の村田亙監督は布巻の招集に関し「早く上のレベルを経験させたかった」と語る

 楕円球の祭典は、本当に来るのか?

 6月30日、ラグビーW杯を運営するRWCLは2015年大会をイングランド、'19年大会を日本で開催する案をIRB各理事へ報告した。ラグビーのグローバル化という日本の招致テーマが、五輪種目復帰を目指すIRB首脳の思惑と一致して推薦を勝ち取ったわけだ。

 ただし、正式決定は7月28日、ダブリンで開かれるIRB理事会で賛成多数を得てから。推薦から漏れた南アフリカなどの巻き返しも予想され油断は禁物だ。

 それでも「W杯」と聞くと、どうにも心が浮き立ってしまう。これがW杯の魅力と魔力だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 668文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[創立75周年記念特集]ジャイアンツ 「常勝帝国の新次元」

関連記事

布巻峻介

ラグビーの前後の記事

ページトップ