SCORE CARDBACK NUMBER

新人早明戦の大差を
どう受け止めるか。
~「96対0」で紫紺軍団復活!?~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2009/06/24 06:00

新人早明戦の大差をどう受け止めるか。~「96対0」で紫紺軍団復活!?~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

 ゴール裏に置かれた得点表示板には、残ったスコアを携帯カメラに収めるファンで人だかりができた。

 6月3日。早大・上井草グラウンドで行なわれた早明1年生試合には、平日ながら約500人のファンが集結。明大には、昨季の花園を制した常翔啓光学園のWTB国定周央、昨夏の高校日本代表で主将を務めた東福岡CTB猿楽直希ら期待の新人が大量に加わり、早大も東福岡のPR上田竜太郎、国学院久我山のSO黒澤健ら逸材を精力的に補強。しかも新人早明は3年ぶりの実現とあって注目の一戦となったが、試合は一方的だった。

 開始1分、SO染山茂範(佐賀工)の先制PGを皮切りに、攻めたのは明大のみ。前半6、後半9の計15トライを奪い、96対0という記録的スコアでライバルを蹴散らしたのだ。先発15人に高校日本代表はともに7人と互角。だが明大はこぼれ球への素早い反応、ディフェンスへの戻りでもピッチを完全に制圧した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 527文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

WBC後の物語。9 Stories about SAMURAI

Sports Graphic Number 731

WBC後の物語。
9 Stories about SAMURAI

 

関連記事

吉田義人
中竹竜二

ラグビーの前後の記事

ページトップ