SCORE CARDBACK NUMBER

日本代表の名脇役、
小笠原の陰の努力。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2006/04/06 00:00

日本代表の名脇役、小笠原の陰の努力。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

 日本ハムからただ一人、WBCに出場していた小笠原道大は、日本代表のユニフォームを着たとき、一回り大きくなる。

 今回も、松中信彦(ソフトバンク)やイチロー(マリナーズ)など、所属球団を超えた選手たちと戦い、刺激を受けた。松中は小笠原に「体はいじめられる時にいじめておかないと、35歳を過ぎてから苦労する」と言い、イチローは「何ごとも当たり前のことを当たり前にやればいい」と、他人の意見を聞きすぎず、自分に合った調整をすることを説いた。

 メジャーリーガーの真剣さに感じ入ったこともあった。小笠原が日米野球に選ばれ始めたころ、日ハムから一緒に選ばれた下柳剛(現阪神)らと一緒に、アメリカ代表の選手たちと食事に出かけた。その席で、何を行うにしても自らのトレーニングメニューから逆算して決めるという、野球に対する厳しい姿勢を学んだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

小笠原道大

プロ野球の前後のコラム

ページトップ