SCORE CARDBACK NUMBER

今年の本命はスズキ!MotoGP4強時代へ。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2007/02/22 00:00

今年の本命はスズキ!MotoGP4強時代へ。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 2003年の日本GPで加藤大治郎選手が事故で亡くなったのをきっかけに、速すぎるMotoGPクラスの最高速を抑えるための論議が高まった。そして、今シーズンからようやく車両規定が変更された。変更点はふたつ。排気量が990ccから800ccに落とされ、燃費を厳しくするために燃料タンクの容量が22Lから21Lになった。

 その効果は大きく、昨シーズン中に始められたテストでは、ニューマシンは990ccより加速が鈍く、どのサーキットでも10km以上最高速が落ちた。スピードが落ちた分、安全性は高まり、ライダーやタイヤへの負担も軽減された。選手たちは「250ccのマシンのようだ。乗りやすくなった」と歓迎している。ただ、乗りやすくなったことでコーナーリングスピードが上がり、ラップタイムは早くも990cc時代のレベルに近づいている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 557文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[UEFA CHAMPIONS LEAGUE]欧州に名を刻め。

MotoGPの前後の記事

ページトップ